SUPってなんだろう?

SUPってどんなもの?

この一見見慣れない、「ボードに立ち」、「パドルで漕ぐ」アクティビティはスタンドアップパドルボード(Standup paddle board)というもので、この頭文字を取り サップ=SUP と呼ばれております。

南国で人気のウォータースポーツであり、大きなボードの上に立ち、1本のパドルを使って漕ぎ進みます。

フィールドは多岐に渡っており、湖や海そして川などの水がある場所であればどこでも楽しむことができます。

「水上散歩」「絶景鑑賞」「水遊び」「生物観察」「サーフィン」「川下り」「ヨガ」など…

SUPは自由自在で遊び方は無限大。

普段行けない場所・見れない景色・できないこと、非日常を味わうことができるのがこのSUPの魅力です。

この一見見慣れない、「ボードに立ち」、「パドルで漕ぐ」アクティビティはスタンドアップパドルボード(Standup paddle board)というもので、この頭文字を取り サップ=SUP と呼ばれております。
南国で人気のウォータースポーツであり、大きなボードの上に立ち、1本のパドルを使って漕ぎ進みます。
フィールドは多岐に渡っており、湖や海そして川などの水がある場所であればどこでも楽しむことができます。
「水上散歩」「絶景鑑賞」「水遊び」「生物観察」「サーフィン」「川下り」「ヨガ」など…
SUPは自由自在で遊び方は無限大。
普段行けない場所・見れない景色・できないこと、非日常を味わうことができるのがこのSUPの魅力です。

SUPの歴史

SUPはもともと海で波に乗る「サーフィン」から派生しており、ハワイのサーファーによって、大きなサーフボードの上でパドルを使い漕ぐ乗り方が誕生。それがSUPの起源。

海外のセレブたちにも人気が出始めたことがきっかけで、世界中でSUPが認知され、数年前に日本へ上陸し、シーズンを重ねるごとに人気を集めています。

そしてSUPの形状によっても長距離を移動することも可能であり、波や風の無いフラットな海水面でも楽しめることから、お子様から年配者まで許容範囲の広いマリンスポーツとして注目されております。

SUPは股・足・腕・体幹等の全身の筋肉を使い漕ぐことから、全身運動にも繋がりフィットネス感覚で楽しめることも魅力の一つです。

SUPはもともと海で波に乗る「サーフィン」から派生しており、ハワイのサーファーによって、大きなサーフボードの上でパドルを使い漕ぐ乗り方が誕生。それがSUPの起源。
海外のセレブたちにも人気が出始めたことがきっかけで、世界中でSUPが認知され、数年前に日本へ上陸し、シーズンを重ねるごとに人気を集めています。
そしてSUPの形状によっても長距離を移動することも可能であり、波や風の無いフラットな海水面でも楽しめることから、お子様から年配者まで許容範囲の広いマリンスポーツとして注目されております。
SUPは股・足・腕・体幹等の全身の筋肉を使い漕ぐことから、全身運動にも繋がりフィットネス感覚で楽しめることも魅力の一つです。

どんな道具を使うの?

SUPアクティビティーには主として下記の4つのものを使います。

近年はマリンスポーツとしての認知度も向上したことから様々なSUPが開発されています。

「SUPボード」
SUPには大きく分けてインフレータブルタイプ(高気圧の空気を入れて使用する)とハードタイプがありますが、当ツアーでは安心と信頼のStarboard製インフレータブルSUPを使用しております。長さは10フィート(約300cm)くらい、厚みや幅も広いタイプなので湖でも海でも大きな浮力を持ち、安定感は抜群です。その他にもリバー用やサーフィン用など長さや幅が異なるSUPがあり、バリエーションは豊富にあります。

「パドル」
パドルとは、前に進んだり曲がったりSUPをコントロールするための道具です。軽くて丈夫なものを使用しており、水の中で浮きますので安心です。

「ライフジャケット=PFD」
別名救命胴衣と呼ばれ、人が水に浮く為の道具です。SUPをする時には水難事故防止の為、必ず着用しなければいけません。楽しくマリンスポーツを行う為にも必要な装備となります。

「リーシュコード」

水に落ちた時にボードが流れていかないようにする為の、ボードと体を繋げるひも状の道具です。コイルタイプとストレートタイプがあり、クルージングやサーフィン等の用途に合わせて使用します。

上記4点があればSUPを楽しむことができますが、状況に応じて日差しが強い日には帽子をかぶったり、寒い日にはウェットスーツ・ドライスーツを着用したり、快適なSUPを楽しむ為にも装備があると良いでしょう。

SUPアクティビティーには主として下記の4つのものを使います。近年はマリンスポーツとしての認知度も向上したことから様々なSUPが開発されています。
「SUPボード」
SUPには大きく分けてインフレータブルタイプ(高気圧の空気を入れて使用する)とハードタイプがありますが、当ツアーでは安心と信頼のStarboard製インフレータブルSUPを使用しております。長さは10フィート(約300cm)くらい、厚みや幅も広いタイプなので湖でも海でも大きな浮力を持ち、安定感は抜群です。その他にもリバー用やサーフィン用など長さや幅が異なるSUPがあり、バリエーションは豊富にあります。
「パドル」
パドルとは、前に進んだり曲がったりSUPをコントロールするための道具です。軽くて丈夫なものを使用しており、水の中で浮きますので安心です。
「ライフジャケット=PFD」
別名救命胴衣と呼ばれ、人が水に浮く為の道具です。SUPをする時には水難事故防止の為、必ず着用しなければいけません。楽しくマリンスポーツを行う為にも必要な装備となります。
「リーシュコード」
水に落ちた時にボードが流れていかないようにする為の、ボードと体を繋げるひも状の道具です。コイルタイプとストレートタイプがあり、クルージングやサーフィン等の用途に合わせて使用します。
上記4点があればSUPを楽しむことができますが、状況に応じて日差しが強い日には帽子をかぶったり、寒い日にはウェットスーツ・ドライスーツを着用したり、快適なSUPを楽しむ為にも装備があると良いでしょう。

初心者だけど大丈夫?

「バランスをとったり、漕いだりするのは難しそう・・・」

そのようなイメージを持たれる方が非常に多いですが、SUPは初心者でも問題なく楽しむことができます!

人間という動物は二本足で立つことに慣れており、それが水面に変わるだけです。

最初は「立てるのかな・・・」「景色見てる余裕あるかな・・・」と思っていても乗り出すとあら不思議、自然にバランス感覚をつかむことができちゃうんです!

久しぶりに自転車に乗った経験がある方、最初不安だったけど意外と乗れた!っていう経験ある方いませんか?

SUPA公認インストラクターが丁寧にレクチャー致しますので、必ずツアー終了時には「楽しかった!!」と言っていただけることをお約束いたします。

SUPは老若男女どなたでも楽しめるマリンスポーツです。大自然の水上散歩へ出かけてみませんか?

「バランスをとったり、漕いだりするのは難しそう・・・」
そのようなイメージを持たれる方が非常に多いですが、SUPは初心者でも問題なく楽しむことができます!
人間という動物は二本足で立つことに慣れており、それが水面に変わるだけです。
最初は「立てるのかな・・・」「景色見てる余裕あるかな・・・」と思っていても乗り出すとあら不思議、自然にバランス感覚をつかむことができちゃうんです!
久しぶりに自転車に乗った経験がある方、最初不安だったけど意外と乗れた!っていう経験ある方いませんか?
SUPA公認インストラクターが丁寧にレクチャー致しますので、必ずツアー終了時には「楽しかった!!」と言っていただけることをお約束いたします。
SUPは老若男女どなたでも楽しめるマリンスポーツです。大自然の水上散歩へ出かけてみませんか?